FC2ブログ
大阪府柏原市にある楽チンキモノと中国茶の教室コデマリ。瞳のコトバ〜眼診もやってます。日常・着物・中国茶などについて書き綴ります。たまにカーリーズも。
キモノハイスタイル
とあるサイトで告知されていたイベントを見つけ、
重要文化財での開催で、住所名前など登録しないと入れないビルだと知る。
購入を控えている身だけどもその建物に入れるということに俄然興味が湧いて
招待状を依頼!http://www.facebook.com/kimonohaisutairu2012

参加されるキモノ店さんの品揃えのなかには、
コレクションじゃないの?売っちゃうの??ってものもあり、
その実物を目にする美術館的楽しみ♪でお出かけしました。

まさか、の、展開になるとは思わず。

大阪綿業会館

いろんなお店が出ていました。どのお店もイイモノばかり私はひやかしのつもりでしたので、かる~く見て回る。
あーだこーだ言いながら見て回るのは楽しい。

サイトで紹介されてた凄い逸品の振袖。
贅をつくした・・・・とはこのこと。
まず入り口にあったトルソーは一番に見てました。ガラスケースにでも入っているのかと思った逸品たちが軽く置いてある。

そんなものをまさか「羽織ってください~」なんて言って頂けるとは思わなかった。撮影さえしていいの??って思っていたのに。
通りかかった時に、お店の方が声掛けてくださいました。

こはるさんと交互に羽織らせていただいた。
時代のあるものなのに、何故?っていうほど裄も身丈も長い目。
着られちゃう。焼けもない。
どうだ!と言わんばかりの色柄に刺繍。
002_20121119214709.jpg
008_20121119214804.jpg
009_20121119214806.jpg
010_20121119214808.jpg
014_20121119214852.jpg

80萬円也。すみません訂正です。60万円です。もう一つのお振袖と間違えました。

後ろにかかっているのもお宝たち。

どきどきしながら羽織らせていただきました。
夢心地。

そして、お店のかたには「羽織ってくださったおかげでたくさんお客様に注目していただけて、ありがたいです~」とまで言っていただいちゃって恐縮でした。こちらこそありがとうございますでした。

ただ、
わたしそのお店で、しっかりお買い物してしまいました。
いつかは・・・と思っていたものがありえない破格値でして。
お店のかたも「なんでこんな値段!?」と目を白黒させてはりましたが、初めはそれも売り口上かな~なんて思ったけども、どうも様子が真剣。どうなんだろ???
証紙もついてるし。いつか、が思いがけずこの日に来ちゃったけど、こんなチャンスは二度と無い!!と確信してジャンプ!んふふ。

その他にも刺繍帯の凄んごいのとか、珍しい図柄のものとか、
着物・帯ってほんと芸術ですね。ほんとにほんとに、凄かった!
可愛いもの、素敵なものいっぱいあるなあ。

イイモノ堪能して、かなり発熱して帰ってきました。
興奮さめやらぬ、のせいなのか、夜はバタンキュー(死語)でした。

16.17二日間のイベントでしたが、キモノハイスタイルは今後、東京・福岡・名古屋だったかなで開催される予定だそうです。美術館感覚が、買えるチャンスです!?


シャンパンゴールドの奄美大紬。あまから
袋帯には花咲く山河の絵柄にあわせて絞りが施されています。というのか、一つ一つの絞りが花になって、絵柄を構成しているということですね。ひとしほさんで購入しました。

ミント色の冠組帯締め。と、あっさりした感じに。
多少気合入れて半襟はアンティーク刺繍半襟だったりして。

017_20121119214858.jpg
スポンサーサイト



Posted by カオリ
comment:0   trackback:0
[お楽しみ♪
comment
comment posting














 

trackback URL
http://curlys.blog29.fc2.com/tb.php/398-c437793f
trackback